1年の準備期間を経て再開にあたり

最終更新: 4月17日

このサイトの前身であるFPルネッサンス(通称:ルネホ)から、約1年の準備期間を経て当サイトを、運営会社であるクロス・デジタル・イノベーション社の設立を待って移植いたしました。約1年ぶりの新規投稿となりますが、皆様改めてご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


田中努のコラム

改めて前回最後に投稿した昨年3月から振返ってみると、実に1年間の間に、様々な出来事がありました。コロナ禍、それに伴うオリンピックの延期、満員電車に揺られる通勤の日々からリモートワークへの変化・・誰が1年前にこの変化を想像していたでしょうか。

改めて振返って考えてみれば、常日頃提唱している長期分散投資でお金をコツコツ殖やしていくことと、万が一の場合の資産防衛としての保障の備えの重要性を痛感致しました。前者の長期分散投資で言えば、世界的に株価が低下している時こそ、ドルコスト平均法の妙味を得られる一方で、投資信託などの分散投資も、急な資金の入用の際は、当然ながらその時点での評価額に多大な影響を受けることを痛感致しました。また過去20年間の投資経験から感じることは、AIの弊害なのか世界経済の変化に対し資産の額の増減のブレが非常に大きいことも感じています。後者の資産防衛の観点で言えば、働けなくなったときや病気に罹患した時の備えとしての自らの医療保険の見直しも必要であると思いました。

即ち、長期分散投資を始めるのはできるだけ若く健康なうちからと入口のことを強調してまいりましたが、一方で老齢の方など老後を目前に迎えた方、また職場環境の変化などで急な資金が必要になる方などのために、資産のバランスを一部債権中心にシフトするなど定期的な見直しをする必要性があることを、身をもって感じることができました。

一方で、この環境の変化が我々にとってデメリットばかりであったかといえば、リモートワークにシフトすることで、特に在京の方など通勤時間の短縮や通勤・出張することでかかる様々な家計からの持ち出しやストレスが軽減できたと感じることもあります。特にキャッシュレス生活に慣れてくると、給与支給からの引き落としのサイクルの中、余計な支出の軽減が肌で感じることができます。

改めて家を中心に活動している今だからこそできること、自分のライフプランやマネープランを改めて静かに見つめなおすことも必要であると感じています。リモートでも相談を受けていただけるFPの先生方も多いので、改めてこのサイトをご利用いただければと思います。何卒今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

ファイナンシャルプランナー

田中努


#田中努 #ファイナンシャルプランナー #クロスデジタルイノベーション #分散投資 #ライフプラン #マネープラン #保険の見直し

60回の閲覧

03-6822-3635

Tel