東大式FP募集について

最終更新: 6月8日

当社のブランディングの一環として【東大式FP】というブランドを、約2年前に代表藤井と再会した際当方から提案し、今回採用され実際に運営し始めております。東大式FPのネーミングは、藤井の出身大学というだけではなく、藤井的な先見の明を持つ独特の着眼点に感銘を受けたため、それをチーム・メソッドとして錦の御旗的にイノベーションのキャッチ‐な旗印とすべく提案したことが起源となっております。

本日は、過去、大手事業会社で提携ビジネスを実行していたものの立場で、何が革新的なのか説明したいと思いますので、ご一読いただき賛同いただける全国のFPの皆様は是非ご一報ください。

過去、自分の経験則から申し上げれば、主に提携ビジネスの相手先は、FPビジネスとの親和性ファーストとし、ライフイベントに関連するそれぞれ大手の結婚産業、カード会社、金融機関、旅行会社などから提案しておりました。いずれも大手であるというブランディングのもと圧倒的な認知度がある一方で、事業提携となると半年から3年仕事で、それこそお客様ご自身のライフイベントも年齢層も変化してしまうこともありました。また大企業にありがちな、現場レベルではある一定程度の理解はあっても最終の決済が下りないことも多くありました。

今回の東大式FPでは、デジタルによる社会構造の変革を標榜しているため、主に事業提携先は、ベンチャー企業やIT・SIERなどのスタートアップ企業が多く、圧倒的な資本力と決済のスピード感がある一方で、社会的認知度はこれからのマーケティング・プロモーション次第という先も多いです。また、ITやデジタルに関しては非常に得意とされている一方で、実際のユーザー目線でのリテラシーとのギャップを痛感されている企業も多く、より理想の高いアプリ開発をされている一方で、ユーザーの心がつかみ切れていないケースも散見されます。莫大なコストをアプリ開発や社会的認知の獲得の段階で燃やすといったお話はよく聞きますが、ブランディングと実利を一体化した取り組みをできないのも、事業部間で縦割りである大企業にありがちな弊害だと、実際に内部にいて実感しました。そのような反面教師的な経験則をもとに藤井と編み出したのが、東大式FPメソッドとなります。

東大式FPでは、主にリアルとヴァーチャル、アナログとデジタル、対面と非対面、ペーパーとペーパレスなど、一見相反するビジネスモデルを巧妙に事業提携やマーケティングミックスにより創出し、全国の老若男女のユーザーの皆様と、地域密着型のFPの皆様をマッチングさせていただき、さらにAIを学習させ、最適なリコメンドやソリューションに導くプロセスを構築いたしました。将来的にFP業だけではないお客様のライフイベントに合わせた購買行動をデジタル上で完結できる総合ECサイトを目指しております。

創業者メリットではありませんが、まだまだ我々自身がスタートアップ企業ですので、これからの機能・インフラ・課題点も多いのが現状ですが、このラウンドで参画いただける地域密着型のFPの方を現在募集しております。私たちと一緒に作り上げていただけるという感覚をお持ちの方をお待ちしております。


田中努

ファイナンシャルプランナー


#田中努 #FP #東大式FP #ファイナンシャルプランナー #ブランディング #リアルとヴァーチャル #アナログとデジタル #スタートアップ企業

45回の閲覧

03-6822-3635

Tel