教育費はどれくらい必要?

お子さんをお持ちの親御さんにとって、子どもの成長が楽しみな一方、不安に感じるのが教育費ですよね。我が家にも娘が一人いますが、教育費をどのようにかけるかによって、今後のマネープランは大きく変わってきます。

そこで今日は子どもの大学卒業までに一体どれくらいのお金が必要なのか考えてみたいと思います。

早速ですが、こちらが文部科学省のデータを基にまとめた子ども一人にかかる教育費の平均額です。

幼稚園~高校までは授業料と塾代などを含めた金額、大学は授業料のみとなっています。


この表を見ると、オール公立の場合は約800万円オール私立の場合は約2,300万円必要になります。

ただ注意しなければいけないのが、地元の大学ではなく遠方の大学に進学して、一人暮らしをした場合にかかる仕送りです。仕送り額の全国平均は4年間で560万円というデータがありますので、学費に加えて仕送りの分も見込んでおかなければいけません。

ちなみに私も地元を離れて東京の大学へ進学しましたが、大学では応援部という忙しい部活に所属していたのでアルバイトをする時間がなく、無利子で借りられる月6万円の奨学金以外は親からの仕送りに頼っていました。

大学を卒業してからよく父に「お前を東京の大学に行かせなかったら俺は今頃ポルシェに乗っていたのに」と言われ、当時は「そんな大げさな~」と思っていましたが、後々仕送り額を計算してみるとそれくらいの額になっていて驚きました。

両親には改めて感謝すると共に、自分の子どもにもできるだけのことはしてあげたいと思っています。

よく『教育は投資』と言われますが、大学を卒業してから就職するのと高校卒業後に就職するのとでは、生涯賃金に4000万円程の差がつくというデータがあります。

また私が聴きに行ったある人気教育評論家の講演会では「炎上するのでテレビでは言えないが、教育費をたくさんかけられた子どもの方が成績は良いと思う」と話していました。

さらに著名な経済評論家は「子どもの教育費は早くかけたほうが、受けた教育を長く使える投資効果がある」と言っています。

つまりこの3つの話を総合すると、子どもの教育に早い時期からお金を投資すれば、将来子供が得られるリターンも大きくなるということになります。

とはいっても教育費を際限なく使って家のローンが払えなくなったり、両親の老後の生活費が準備できなくなったりしてしまっては、将来子どもに迷惑をかけることにもなり本末転倒です。

次回はその教育費をどのように準備したらいいか考えていきたいと思います。

FPアナウンサー 

小原佳代子


#FPアナウンサー #小原佳代子 #教育費の準備 #ファイナンシャルプランナー #家計の見直し

03-6822-3635

Tel