将来もらえる年金額、ご存じですか?

昨年はいわゆる“老後2,000万円問題”が話題になりましたね。

これは金融庁金融審議会の市場ワーキング・グループが『夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では、毎月の支出に対する収入が平均で約5万円ずつ不足し、65歳で退職してから亡くなるまで30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で2,000万円になる』と報告したものでした。

そしてこの報告書がマスコミで取り上げられると炎上してしまい、大臣が受け取りを拒否するという異例の事態にまで陥ってしまったのです。

私が講師を務めるマネーセミナーにも「老後2,000万円問題が不安で参加しました」という方が多くいらっしゃいます。「本当に2,000万円も必要なのでしょうか?」とご質問を頂くことも多くなりました。

できれば「そこまで大きな金額は必要ないですよ!」とお伝えして安心していただきたいところですが・・・個人的にはゆとりある老後生活を送ろうと思ったらもう少しお金が必要だと思います。

こういった試算というのはどこのデータを使用するかによって導き出される数値も変わってくるのですが、セミナーでは「65歳で退職してから、ゆとりある老後を20年間送るためには夫婦で年金以外に3,300万円くらい必要」とお伝えしています。(詳しい根拠はまた別の機会にお話しします。)

ただ、全員がそれだけの金額が必要というわけではありません。あくまでも平均値なので、退職金や年金が多い方はそれだけで生活費をまかなえる可能性がありますし、逆に介護施設に入るなどすればもっとお金はかかります。

いずれにしても大切なのは平均値にとらわれず、あくまでも自分でしっかりとシミュレーションをした上で不足する金額を準備することです。

そのシミュレーションをする上で把握しておきたいのが、老後の収入二本柱の一つ、退職金です。現在、大卒の方の退職金は平均で2,000万円前後ですが、バブルが崩壊して以降年々減り続けているので、今後も減っていく可能性は高いと思います。あくまで目安として一度会社で確認してみるといいと思います。

そしてもう一つの柱が年金ですが、年金については簡単に試算する方法があります。それは『ねんきんネット』を利用する方法です。

▼日本年金機構 ねんきんネットのURL

https://www.nenkin.go.jp/n_net/

毎年誕生日の月に日本年金機構からねんきん定期便が送られてきますが、50歳未満と50歳以上では内容が変わってきます。50歳以上の方には現在の加入条件が60歳まで続くと仮定して見込額が計算されているので、おおよその年金額が記載されているのに対し、50歳未満の方にはこれまでの加入実績に応じた年金額が記載されているので、加入期間が短いほど年金額も少なくなっていると思います。

ちょうど今月誕生日なので確認してみたところ、自営業で国民年金の期間が長い私の場合は今のところ月額4万円ちょっとでした・・・。

そんな50歳未満の方が将来もらえる年金額を簡単に試算できるのが、ねんきんネットなのです。基礎年金番号やメールアドレスなどを登録してIDを取得することで利用でき(マイナンバーカードをお持ちの方はIDを取得しなくてもマイナポータルからログインできます)、これまでの加入状況を確認できるほか、今後の働き方や収入、年金の受給開始年齢(繰り上げまたは繰り下げ)などの条件を入力することで、将来もらえる年金額をおおよそ知ることができます。

ちなみにモデルケースとして夫が平均的な収入で40年間会社員として働き、奥さんがずっと専業主婦だった場合、もらえる年金額は夫婦で月22.1万円、年間265.8万円というデータがあり、一般的に年金額は夫婦で300万円あれば多い方だと言われています。

みなさんの試算結果はいかがだったでしょうか?

老後までにいくらお金を貯めておけばいいか考える上で、年金額の試算は欠かせません。

ねんきん定期便しか見たことがないという方は、ぜひねんきんネットでシミュレーションをして、老後の資産形成の第一歩を踏み出してみてください。

FPアナウンサー

小原佳代子


#小原佳代子 #FPアナウンサー #ねんきん定期便 #将来もらえる年金額 #マネーセミナー #ねんきんネット #東大式FP

03-6822-3635

Tel