子育て費用の節約術

前々回のブログでは、子ども一人当たりの教育費はオール公立で約800万円、オール私立で約2,300万円かかるとお伝えしました。

しかし子育てには教育費以外に、おもちゃ代や洋服代、おむつ代や食費、医療費といった生活費も必要で、生活費の総額は22歳までに約1,600万円といわれています。

つまり子ども一人を育てるのにかかる費用は教育費+生活費で約2,400万円~3,900万円にもなるということです。

そのうち、学校ごとに決められている学費を節約するのはなかなか難しいですが、生活費は工夫次第で節約することができます。

そこで今回は学費以外の『子育て費用の節約術』についてお話したいと思います。

洋服代の節約

子どもの成長はとても早く、新品の洋服を買っても数回着用しただけでサイズアウトしてしまうこともしばしばです。それなのに子供服に高いお金を払うのはもったいないですよね。

ただ個人的には格安で販売されている子供服よりも、例えばミキハウスやファミリアといった国内ブランドの服の方が、洗濯を重ねても劣化しにくく長持ちすると感じます。

しかしそういった人気ブランドの子供服は高いので、フリマアプリやネットオークションを利用して安く手に入れるのがおすすめです。

プレゼントで頂いたものが重なってしまい出品するというケースも多く、新品が半額程度で出品されていることも珍しくありません。

おもちゃ代の節約

おもちゃへの興味も成長に伴ってめまぐるしく変化するので、フリマアプリを利用するのがおすすめです。「買ったけど子供が全然遊ばなかったから」という理由で出品されている、新品に近い物も多くあります。

おもちゃが増えすぎて収納に困るという方は、定額制のレンタルサービスを利用するのもおすすめです。年齢に合った質の良いおもちゃをレンタルでき、気に入ったものは割安で購入できるところも多いようです。

またおもちゃを手作りするというのもいいですね。最近はブログやインスタグラムにも手作りおもちゃの情報がたくさん載っていますし、材料も今や100円ショップで大抵のものは手に入るので、参考にしながら自作してみてはいかがでしょうか。

株主優待の利用

株主優待には、レジャー施設の入場券、子ども用品の優待券、ファストフードの食事券、フォトスタジオの撮影券など、子どもや親が嬉しい優待はたくさんあります。

普段よく利用する会社に株主優待があるか調べて、運用しながら株主優待で子育て費を節約するというのも賢い方法です。

ふるさと納税を活用

ふるさと納税にも、ベビーカー、チャイルドシート、子ども用家具、玩具などなど子育て世代の親に嬉しい返礼品がたくさんありますので、活用すれば節税と節約になり一石二鳥です。

我が家でも子供が生まれる前は各地の美味しいグルメを返礼品に選んでいましたが、出産後はほぼおむつになりました。おむつ代もばかにならないので、かなり助かっていますよ。

教育費は早いうちに

前々回のブログで『子どもの教育に早い時期からお金を投資すれば、将来子供が得られるリターンも大きくなる』というお話をしました。

例えば英語のLとRを聞き分ける『英語耳』は幼少期に作られると言われていますが、大人になってから英語を話せるようになろうと思ったら、英会話教室に通ったり留学をしたりと時間もお金もかかってしまいます。

なので英語や水泳など、日常生活を送っているだけでは身につかない能力は、早いうちに教育費をかけて身につけさせた方が、長い目で見れば節約になると考えられます。

今回ご紹介した節約方法は我が家でもいくつか実践していますが、長期間積み重ねればかなり支出を減らすことができると思います。ぜひ皆さんも参考にして子育て費用を節約してみてくださいね。

FPアナウンサー 

小原佳代子


#FPアナウンサー #子育て費用の節約術 #教育費は早いうちに準備 #長期間の積み重ね

03-6822-3635

Tel