健康はプライスレス

最近のテレビやネットニュースの報道では、日本において2人に1人ががんに罹患するといったデータが紹介されています。マネーセミナーにおいても、この会場の中の半分の方ががんに罹患する可能性があるという表現をされていて驚く方も多いのではないかと思います。先ほどお話したメンタル面では強い心を持っていてもいざ突然倒れたら、病は気からなんて悠長なことを言っていられません。


皆さんは健康寿命という言葉を知っていますか?

健康寿命とは介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間のことですが、厚生労働省によれば2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表したそうです。2013年比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。平均寿命との差も男女とも縮小しました。厚労省は食生活の改善などが寄与していると分析しています。


16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年。その期間はなにかしらの介護や寝たきりになる可能性があるということです。先ほどのデータで仮にさらに15万円の生活を女性のみなさまが12年送ると仮定すると約2,160万円必要になる計算です。実際には現在では75歳以上の高齢者は健康保険が1割負担、公的介護保険も1割負担なので、それほど多くの自己資金が必要かどうかは別問題として、何かしらの自己負担額が余計にかかります。


それも定年が65歳とすると、65歳まで健康に働けて毎月こつこつと資産形