今話題の『コロナ保険』とは?入るべき?

新型コロナウイルスが収束の兆しを見せない中、感染や金銭面の不安から保険の契約者数が増えているようです。

先日も第一生命保険が、新型コロナの流行状況によって保険料が変動するという保険を出して話題になりました。私のところにも「コロナ保険に入った方がいいですか?」というお問い合わせをたくさんいただきます。

そこで今回は、いわゆる『コロナ保険』とはどういうものかお伝えしていきたいと思います。

(記事の内容は、ブログ執筆時点の情報に基づいています。今後の対応が変わる可能性もありますので、詳細は各保険会社にお問い合わせください。)


まずは新型コロナウイルスの流行を機に誕生した保険にはどんなものがあるか見てみましょう。

・第一スマート少額短期保険「コロナminiサポほけん」

第一生命グループの第一スマート少額短期保険が今月から販売を開始した保険で、新型コロナウイルスを含む特定感染症にかかったと医師に診断されると、一時金10万円が支払われます。

2021年4月現在の保険料は3か月で980円ですが、新型コロナウイルスの流行状況に応じて毎月保険料が変動します。

契約手続きは全てインターネットで行う必要があります。


・太陽生命「感染症プラス入院一時金保険」

こちらは太陽生命保険が昨年9月に販売を開始した保険で、新型コロナウイルスなどの感染症や不慮の事故によって入院した場合、日帰り入院でも一時金として最大40万円を受け取ることができます。

過去10年間に販売した商品の中で、最も早く販売件数が10万件を超えたことでも話題になりました。


・justInCase「コロナ助け合い保険」

新型コロナウイルス感染症はもちろん、ケガや病気で1泊2日以上の入院をしたときに10万円の給付金を受け取ることができる医療保険です。

コロナに感染した場合には、病院だけでなく自宅やホテル等で医師の治療を受けた際にも給付金を受け取れます。

月々の保険料は510円から

通常の保険は申し込みをしてから一定の期間が経った後でないと保障の対象にならないのに対して、この保険は申込み後すぐに保障が開始される点が特徴的です。


このように比較的安価な保険料でコロナを保障してくれるのはありがたいですね。


ただ必ずしもコロナ保険が必要かといえば、そういうわけでもありません。

なぜなら新型コロナに感染した場合の治療費や入院費用は基本的に公費で負担してもらえるので自己負担はほとんど発生しない上に、新型コロナに関しては各保険会社が特別に対応していて、通常の医療保険からも給付金や保険金が払われるからです。


多くの保険会社が行っている特別対応としては・・・

『入院給付金』

新型コロナも対象になり、病院に入院した場合はもちろん、医師の指示でホテルや自宅で療養した場合も入院とみなされて入院給付金を受け取ることができます。

『死亡保険金』

新型コロナが原因で死亡した場合には災害割増特約などの対象になり、通常の死亡保険金に割増した保険金を受け取ることができます。

『通院給付金』

新型コロナで入院し、退院後に通院した場合に給付金が受け取れますが、その際自宅などでオンライン診療を受けた場合にも通院とみなされます


その他にも保険料はそのままで、新型コロナと診断されたら見舞金が支払われたり、入院給付金が2倍になるなどの対応を行っている保険会社もあります。

(上記特別対応は保険会社によって期限が設定されていたり、内容が異なったりする場合もありますので、詳しくは加入している保険会社にお問い合わせください)


このように新型コロナに関しては通常の医療保険でもカバーできるので、既に医療保険に加入している人や、いざという時の蓄えがある人はコロナ保険に加入する必要は無いかもしれません。

ただ、医療保険には加入していないけどコロナ感染が不安な方、個人事業主で働けない間の収入減が心配な方、いざという時の蓄えが無い方などはコロナ保険を検討してみてもいいと思います。


いずれにしても新型コロナウイルスに感染しないことが一番ですよね。

基本的な予防対策をしっかり行って、この難局を乗り切りましょう!!


FPアナウンサー

小原佳代子

最新記事

すべて表示