今さら聞けない!iDeCoって何?メリットは?

マネーセミナーで参加者の方々とお話していると、「iDeCo(イデコ)ってよく聞くんですけど、何だかよく分からなくて・・・私もやった方がいいですか?」というご質問をよくいただきます。

確かにiDeCoという名称はほとんどの人が聞いたことがあると思いますが、詳しく説明できる人は少ないかもしれませんね。

そこで今回はiDeCoの概要とメリット・デメリットについてお話したいと思います。

iDeCoとは個人型確定拠出年金の愛称で、2017年に始まった比較的新しい制度です。

一言でいうと『不足する年金を補うために作られた、老後資金専用の制度』ですね。

昨年は老後2,000万円問題が話題になりましたが、少子高齢化が進む日本の現状では、国の年金だけでは老後の生活費が不足してしまうと予測されるため、個人で運用して老後資金を作ることを目的に作られた制度です。

加入できるのは自営業者、会社員、公務員、専業主婦など20歳以上60歳未満の全ての人で、

①自分で毎月の掛金額を設定して、積み立てる。(掛金の限度額は加入資格によって異なる)

②自分で選んだ運用商品で、掛金を運用する。

③60歳以降に、掛金と運用益の合計額を、老齢給付金として受け取る。

という仕組みです。


出典:iDeCo公式サイト

【メリット】

掛金全額が所得控除の対象となり、年末調整や確定申告で申告すると、税金が軽減される。

・金融商品を運用すると通常は運用益に20%の税金がかかるが、iDeCoなら非課税で再投資される。

・受取り方法は年金か一時金を選択することができ、どちらを選択した場合でも税金の優遇を受けられる。

・定期預金、保険商品などの元本保証型商品も選べる

【デメリット】

60歳になるまで資産を引き出せない

(急にお金が必要になることもあるので、余裕をもって掛金額を設定しましょう!)

・加入時や毎月の口座管理料などの手数料がかかる

(できるだけ手数料が安いところを選びましょう!)

運用成績によっては元本割れすることも。

課税所得がない専業主婦などは、掛金の所得控除のメリットは受けられない。

(専業主婦は『つみたてNISA』も検討してみよう!)

デメリットもありますが、iDeCoは節税しながら運用できるおトクな制度です。

老後資金に不安のある人や、年金額が少ない自営業の人は、デメリットを理解した上で、できるだけ早く口座を開設し、長期間運用することをおすすめします。

取り扱い金融機関は銀行や証券会社など様々ですが、金融機関ごとに特徴、取り扱う運用商品、加入時や毎月の手数料などが異なるので、加入する際はしっかりと比較、検討してください。

FPアナウンサー 

小原佳代子


#FPアナウンサー #ideco #イデコのメリット #イデコのデメリット #個人型確定拠出年金

03-6822-3635

Tel