ラット・レース

最近の弊社の社長の社内コラムにインスパイアされて思いついたタイトル:“ラット・レース“とは働いても働いても、一向に資産が貯まらない状態のことで、ロバート₌キヨサキ著の「金持ち父さん 貧乏父さん」で語られています。一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中で、クルクル回っているネズミに似ていることからということです。社長と同世代ということもありその本でお金の基本を学んだということに共感しました。私自身も実は若い時にお金に対する意識のパラダイムシフトのきっかけになった本で、マネーセミナーのコンテンツ内での話のベースとなっています。また、ほぼ同時期に弊社の会長が「法人と個人、結局どっちも個人だけどね」といった一言から思いついたコラム。ここでは自分なりに記憶の限り感想を簡単に紹介したいと思います。