ポイント投資でおためし運用

以前のブログで、マイナンバーカードを作るとポイントがもらえるマイナポイントについて書きましたが、近年、普段のお買い物やポイントサイトを利用することで、ポイントを賢く貯めてお得に活用する『ポイ活』が流行っていますね。

自分ではポイ活をしている意識が無くても、クレジットカード支払いによるポイント還元を受けている方は多いと思います。


貯まったポイントは1ポイント=1円などと換算して買い物に利用する方法が一般的ですが、最近はポイントを使った投資が注目を集めているんです。

そこで今回は、セミナーでのご質問も多いポイント投資についてお話ししたいと思います。


ポイント投資というのはその名の通り、貯まったポイントで実際の株を買うなどの投資ができるサービスのことです。

投資はお金に余裕がないとできないと考える方が多いですが、おまけ要素の強いポイントを使う方法であれば、投資の為の資金を準備する必要がなく、初心者の方も比較的始めやすいのではないでしょうか。


投資ができるポイントは「Tポイント」「dポイント」「楽天ポイント」「LINEポイント」「Pontaポイント」などがあり、投資方法としては大きく分けて、「ポイントを現金化して実際の株などを購入する」方法と、「現金化せずポイントのまま運用してポイントを増やす」方法の、2通りあります。


ポイントを現金化する場合

ポイントを現金化した上で投資をする場合は、それぞれのポイントと連携している証券会社で口座を開く必要があります。

購入できる商品は証券会社によって異なりますが、国内株式、投資信託、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)の他、FX取引ができるところもあります。

ポイント投資でももちろん配当金はもらえますし、株の保有数によっては株主優待を受けることも可能です。

またNISA口座やつみたてNISA口座でポイント投資できるところを選べば、運用益が非課税になるのでさらにお得です。

1株や100円など、少額から投資を始められるというのも嬉しいですね。


デメリットとしては、やはり投資なので元本割れするリスクがあるということ、手数料がかかること、確定申告が必要な場合があること、期間限定ポイントは利用できないところもあることなどが挙げられます。


ポイントのまま運用する場合

ポイントのまま運用してポイントを増やす場合には口座開設は不要で、手数料もかかりません。

多くは企業が用意した数種類のコースの中から運用先を選ぶだけなので、詳しい知識も不要で、ゲーム感覚でほったらかし投資ができます。


デメリットとしては、実際に株などを購入するわけではないので、配当金などはなく現金化もできないという点がありますが、増えたポイントは現金と同じように提携先で使うことができます。

ただポイントは万が一の時に相続できないので、ポイントのまま大量に保有する際には注意が必要です。


コロナ禍で資産形成に不安を感じて投資を始めようという人が多い中、ポイント投資のように少額から気軽に運用できるサービスがあるというのは嬉しいですね。

まずは普段自分が貯めているポイントで投資ができる証券会社を探し、少額を運用して投資を学んで、ある程度の知識が身に着いたら本格的に資金を投入するというのもいいと思います。


皆さんもポイント投資で気軽に投資家デビューしてみませんか?


FPアナウンサー 

小原佳代子


#FPアナウンサー #ポイント投資 #ポイント現金化 #投資家デビュー #資産形成

03-6822-3635

Tel