ボーダレス

また、最近のキーワードとして“ボーダーレス”という言葉も非常に意識しております。ボーダーレスとはもともとは国境などの境がないとか薄れるという意味ですが、国境だけにとどまらず経済活動や情報や文化についても境がないという意味です。


ここ20数年間ファイナンシャルプランナーとして活動してまいりました。20年前はお客様の相談を受けているとき、米ドルなどの外貨預金の説明すら抵抗を正直感じておりました。また、投資信託や株式などのリスク商品に関しても導入に慎重で逡巡するお客様が非常に多かったイメージがあります。最近では、米ドルだけにとどまらず、オーストラリアの豪ドルの商品など取り組まれる方も多く、投資信託をネットで取り組む方も見受けられます。

また、運用の面でも、いわゆる金融商品だけでなく不動産投資やリート(不動産投資信託)など積極的に運用に取り入れる方も多くなってきた印象があり、運用にも境がなくなってきたような印象があります。


日常生活においても、道を歩いているとなぜか外国人(表現が適切かわかりませんが、とにかく日本国外の方々)から声をかけられることが多く、外貨の両替はどこですればいいの?とか、大手町にいても東京駅の行き方(日本人でも非常に複雑な迷路)などを英語で話す機会も本当に多いです。


私の話をまたして恐縮ですが、アメリカに留学しているとき、サンアントニオというテキサス州の小さな街に行ったとき、白人の老夫婦に道を聞こうとして“エクスキューズミー?”と声を掛けたらそっけなく“No”と答えられて非常に悲しい思いをしたことがあります。また、フロリダ州マイアミに一人旅で訪れたときに、郊外で日本人旅行者をターゲ