ガンから家計を守る方法

前回は、ガンで先進医療を受けた場合に数百万円の治療費が自己負担になることや、ガンと診断された人の半数以上は収入が減少するというデータがあることなどをお伝えしました。

もしそのような状況になっても家計が破綻してしまうことがないように、今回はガンから家計を守る方法についてお話したいと思います。


ガン治療にかかる支出増や収入の減少に備えるには、数百万円程度のお金をすぐに換金できるところに置いておく、もしくは民間の保険に加入するという方法があります。

緊急資金として数百万円を用意しておくのは難しいという人も多いと思うので、ここでは民間のがん保険についてご紹介します。


なぜ医療保険ではなくガン保険?

「私はもう医療保険に入っているから安心」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、医療保険は入院や手術に対して給付金が支払われるものが一般的です。

ところが最近の医療技術の発展によって、ガン治療の場合は入院期間よりも、その後通院して放射線治療や抗がん剤治療を受ける期間の方が長くなっています。

そこでガンへの備えは通院治療に手厚いがん保険を利用するのがおすすめです。

またがん保険の場合は、ガンと診断されたら一時金として100万円などをドーンと受け取ることができるものが多く、治療費だけではなく収入の減少分にも充てることができます。


先進医療への備えはマスト

前回もお伝えしたようにガンになった場合は、高額ですが身体への負担が抑えられる先進医療を受けられるように備えておきたいものです。

そのためには先進医療の給付金が支払われる保険に加入するか、オプションで先進医療特約をつけておくことをおすすめします。

ちなみに母は先進医療も受けましたが、保険に入っていなかったので全額自己負担になり、ちょうど弟の大学進学の時期と重なっていたため、家計がかなり苦しくなってしまいました。

保険会社によりますが、先進医療特約は月々の保険料に100円追加する程度で付加することができますので、医療保険やがん保険に加入する際はつけておくと安心です。


支払った保険料が返ってくる保険も

医療保険やがん保険というと掛け捨てのイメージが強いと思いますが、最近は70歳など一定の年齢までガンにならなかった場合には払い込んだ保険料が戻ってくるという新しいタイプのがん保険も登場しています。

さらにこのタイプの保険では、ガンと診断されて100万円等の給付金を受け取った人でも、一定の年齢になると支払った保険料から既に受け取った給付金を引いた金額が戻ってくるので、ガンになってもならなくても掛け捨てにはならないというメリットがあります。

ただ一定の年齢になる前に解約したり亡くなったりしてしまうと、戻ってくるお金は少なくなるかゼロになってしまうので注意が必要です。


一口にがん保険といっても、手術・入院に備えるのか、通院に備えるのか、先進医療に備えるのか、一時金で備えるのかなど保障内容は様々です。

全てに備えるとその分保険料も高くなってしまうので、自分はどういう場合に備えたいのかを考えた上で、ニーズに合ったものを選ぶようにしてください。


そして今や日本人の2人に1人はガンになってしまう時代。緊急資金や保険で備えることはもちろんですが、ぜひ定期的に健康診断を受けて、病気の早期発見につとめてくださいね。


FPアナウンサー

小原佳代子

03-6822-3635

Tel