オンとオフ

日本語で、よくオンとオフの切り替えが大事だということを言いますが、英語で“On and off“というと降ったりやんだりとか断続的なという意味になってしまい全く意味が通じないことが最近ありました。(むしろ逆の意味)アメリカ人にとってオンとオフの切り替えが当たり前すぎてあえて表現すると、“Separate one’s job and private“ が相応しいのではということです。最近、会社のオフ会で会社の優秀な女性のリクルーターの方が、私と同じ人事系の資格“キャリアカウンセラー”を持っていたということから思いついたコラム。FPとしてのコンサルティングは、一般のお客様ならどちらかというと、会社での人生よりプライベートの人生のマネープランという意味合いが強いのですが、キャリアカウンセラーという資格とFP資格の愛称はよく、お客様のオン・オフの一貫したアドバイスができます。では、FP資格と相性がよい、2つの資格をご紹介します。